コーンビームCT(低被爆CT)|医院案内|ふるかわクリニック|耳鼻咽喉科・アレルギー科

コーンビームCT(低被爆CT)|ふるかわクリニック|耳鼻咽喉科・アレルギー科

コーンビームCT(低被爆CT)

コーンビームCT(低被爆CT)

耳鼻科でのCTを設置することの意味

全国にもCTを設置している耳鼻科診療所は数カ所ではないでしょうか。
しかし、当院では、検査・診断の有用性、患者さまの利便性から、最新のコーンビームCTを導入することにいたしました。

鼻と耳の病気の原因となる骨と粘膜の状態を鮮明に描出

1986年にヘリカルCT(ヘリカルスキャン)が開発され、我々の世代の医師は誰もが、レントゲンと比較してその診断力の高さに驚愕していました。
CTの優れた特徴は硬い骨と柔らかい粘膜を鮮明に描出することにあります。
鼻はいくつかの骨と軟骨で形成され、骨で囲まれた副鼻腔という空洞に交通を持っています。また耳は鼓室や乳突洞といったやはり骨で囲まれた空洞から形成され、音を伝えるしくみも耳小骨という小さな3つの骨の連鎖で成り立っています。
このように、鼻と耳は骨と粘膜で囲まれた空洞で形成されており、鼻と耳の病気の多くが骨または粘膜の状態が原因で起こります。
骨と粘膜を数㎜単位で鮮明に描出するCTは耳と鼻の病気に対しては極めて有用であり、診断においていかに絶大な威力を発揮するかご理解頂けると思います。

時間的・経済的に、患者さまに有益であるために…

CTが設置されている病院でCT検査を受ける場合、ほとんどが予約制です。しかも、診断をするまで3回も通院します。というのも、まずCT検査の必要性の確認と予約のために、そしてCT撮影のために、最後にCT検査の結果を聞くために、それぞれ来院する必要があるのです。
そうすると患者様にとって時間的にも経済的にも非常に不利益ですし診断・治療の遅れにもつながりかねません。

自院にCTがあれば、検査が必要な場合、受診された当日に、撮影、診断、説明が待ち時間なくでき、患者様にとってもメリットが大きく、満足が得られるのではないかと考え、最新のコーンビームCTを導入いたしました。

当院のコーンビームCT(低被爆CT)について

コーンビームCTとは、円錐形のX線ビーム(コーンビーム)を照射しながら機械が回転して撮影を行い、撮影した画像データをコンピューターを用いて3D 立体画像を作成します。 厚さ0.05㎜での断層(スライス)撮影が可能なため、その精密な立体画像から様々な耳鼻科領域の病気の診断精度を飛躍的に向上させます。

コーンビームCTのメリット(一般的なCT比較して)

  • からだにやさしい:被爆線量は一般CTの7分の1以下です。
  • 高精密画像:歪みのない超高解析度の画像が収得できます。
  • 短時間撮影:椅子に座っていただき、実撮影時間はわずか約18秒です。
  • 即時診断:その場ですぐに診断が可能であり、貴重な時間負担の軽減になります。

必要な患者様にのみCT撮影を

このようにコーンビームCTは非常に安全性が高く、患者様がご自身の状態を理解していただくためにも重要な検査であることに間違いはありませんが、検査費用も3割負担で約3000円程度と決して安価ではありません。

もちろん医師が診断や治療に必要と判断する場合のみにお勧めいたします(ちなみに当院を受診される患者様でCTが必要と判断して検査した方の割合は100人に1人程度です。)が、最終的にはご本人のご判断やご希望を優先いたします。

単純レントゲンで全体的な病変が把握出来ればそれで充分な場合は原則としてお勧めいたしません。

耳鼻科の代表的な病気として知られる慢性副鼻腔炎や慢性中耳炎という病気は、慢性という言葉がついているのでお判りのように、長い間病気に悩まされ、また最新の治療を施行してもある程度の治療期間がかかることも少なくありません。

薬で治るのか、治療で病気が良くなっているのか、もしくは手術が必要なのかなど、多くの患者様は不安になられます。
CT検査では病気がどこの場所にどの程度の状態であるかが、目で見えてはっきりわかるため、最良の治療への力強い手助けとなりますし、またご自身の病気への理解が深まり、治療への意欲が上がり安心につながることも多いのが現状で、患者様にとって大きなメリットがある検査です。

順番とり予約

専用電話予約
18606-4560-3370
WEB予約
PCからはこちら
QRコードでアクセス
ご注意
WEB/専用電話による順番取り受付は診療開始2時間前から登録可能です。
診療終了20分前にWEB/専用電話による受付を停止します。
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問