スギ花粉症治療「舌下免疫療法」|診療内容|ふるかわクリニック|耳鼻咽喉科・アレルギー科

スギ花粉症治療「舌下免疫療法」|ふるかわクリニック|耳鼻咽喉科・アレルギー科

スギ花粉症治療「舌下免疫療法」

スギ花粉症治療「舌下免疫療法」

耳鼻咽喉「舌下免疫療法」は、現在、スギ花粉症を治すことができる唯一の治療方法です。

すべての人が絶対に治る治療法ではありませんが、8割の方に効果が現れています。

舌下免疫療法は、医師なら誰でもできるわけではなく、学会主催の舌下減感作療法の講習会を修了した医師のみが治療できます。当クリニックでは院長が修了医です。

治療開始時期は、6/1~11/30 です。

スギ花粉が飛ぶ可能性がある時期(12/1~5/31)は、治療をはじめることができません。
ただし、事前検査・治療予約は、いつでも行っておりますので、ご希望の患者さまはご相談ください。

「舌下免疫療法」による効果

  1. くしゃみ、鼻水、鼻づまりがなくなる。もしくは軽くなる
  2. 目のかゆみ、涙目がなくなる。もしくは軽くなる
  3. スギ花粉の時期に、花粉を気にせず日常生活が送れるようになる
  4. 花粉の季節に必要だった薬を使わなくてすむ。もしくは減らせる

「舌下免疫療法」をオススメする方

  1. 治療期間が2年以上になったとしても、根本的にスギ花粉症を治したい方
  2. 花粉症のお薬で眠気やのどの渇きなどの副作用がひどい方
  3. 花粉症のお薬や点鼻スプレーを使っても、症状が軽くならない方
  4. 毎年、何ヶ月もお薬を飲み続けることに抵抗がある方

「舌下免疫療法」を行うことができない方

  1. 12歳未満の方
  2. 66歳以上の方
  3. ひどい気管支喘息の方
  4. がんや免疫系の病気がある方

舌下免疫療法を希望される患者へ

治療の流れ

1.事前検査・治療説明

毎年春になるとつらい症状が出るのだから、絶対花粉症だ!と思われていたとしても、舌下免疫療法を始めるためには、「スギ花粉症」であるという血液検査の結果が必要です。

検査がまだの方は、当日当院で採血いたします。
当院以外で検査を受けたことがある方は、その結果用紙を持参してください。

治療の説明を受けて、同意書を記入していただき、初回投与の日を予約します。

2.初回投与日

初回投与は、クリニックで医師の指導のもとに、ご自身でお薬を投与していただきます。
投与した後は30分間、経過を見るために待合室で、お待ちいただきます。
時間に余裕のある日をご指定ください。

3.定期処方

経過観察とお薬の処方のため、2週間に1回、通院していただきます。

新薬…新しく承認された薬は、保険の決まりで、発売開始から1年は、2週間分までしか処方できません。
新薬は副作用の情報も少ないため、発売開始から1年間は、医師の管理を厳密に行うためです。
シダトレンは、平成27年11月からは1ヶ月に1回の処方ができるようになります。

治療の効果

舌下免疫療法は現在、スギ花粉症を根本から治すことができる唯一の治療法とされています。しかし、すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。お薬の販売前の治験では、2割の方が完治し、6割の方に症状の改善が見られ、2割の方は効果がありませんでした。

  • 舌下免疫療法は花粉症の症状を抑える治療ではなく、体質を改善する治療です。
  • 舌下免疫療法には、即効性はありません。長期間(3~5年)の治療が必要となります。
  • 治療中に花粉症の症状が出ることがあります。

当院での治療実績

花粉症をはじめアレルギー性鼻炎の治療に積極的に取り組んでいる当院では健康保険適用になった2014年10月から、この新しい治療を導入し、良好な成績を上げています。
これまでに50名以上の患者様の治療を行っておりますが、これは京都、滋賀、北陸のなかで第3位の症例数になるとのことです。

実際に、舌下免疫療法を行って実感したこと
  • 予想よりも、早期に治療の効果が現れている
  • シダトレン治療患者に今年の花粉症の印象を聞いたところ、約9割が例年より症状改善。
  • シダトレンを中止した6例のうち5例は効果を実感したため自己判断で治療を終了した可能性が考えられる。
  • 51例中2例に投与部位である舌下の粘膜に軽微な痒みがあるだけで、中止するほどの副作用はほとんどない。

シダトレン最近の知見
第55回日本鼻科学会(平成28年10月13~15日)

スギ花粉症に対する舌下免疫療法の背景因子の検討

シダトレンは年齢、性別、身長、体重、罹患年数、家族歴、総IgE、抗原特異的IgE、感作に関わらず有用であった。

スギ花粉症舌下免疫療法 経年治療に関する検討

65名の治療患者において約85%が例年と比較して症状改善を認め、約1割が寛解に近い状態であった。

当科におけるスギ花粉症舌下免疫療法患者の検討

2015年及び2016年の2シーズンを通して自覚的な改善を認め2016年においてより効果が著明であった。

舌下免疫療法Q&A

舌下免疫療法のやり方を教えてください
シダトレンという液体の薬(スギ花粉のエキス)を舌の下にたらすだけです。
2週間かけてゆっくり量を増やしていき(増量期)、その後は毎日同じ量(1ml)を投与します。
最初の1回目だけは、やり方をお伝えするためと、副作用が出ないかどうか確認するため、病院で行います。それ以降は、ご自分で毎日行っていただきます。お薬は、やや甘く、少し酸味のある味です。
保険で治療できるのですか?
はい、できます。2014年10月より保険適用になりました。
費用はいくらくらいかかりますか?
概算ですが、保険治療3割負担の方で、診察代・お薬代あわせて1ヶ月2,500円程度です。
当院は院内処方のため、比較的続けやすい費用で、治療を行うことができます。
通院は必要ですか?
はい。治療を始めてから最低でも2年間は、お薬の処方のために、花粉の時期でなくとも、定期的に通院していただく必要があります。
新薬のため、厚生労働省のルールで、2015年10月までは、お薬の処方が2週間に1回しかできません。11月からは1ヶ月分のお薬を処方できますので、月に1回だけの通院となります。
舌下免疫療法の効果はいつ頃でますか?
舌下免疫療法は始めてから数日で効果が出るような治療法ではありません。効果を感じられるのは人によりますが、数ヶ月~数年経ってからです。
舌下免疫療法は、体質を改善して、スギ花粉に反応しないようにする治療法です。
そのため、即効性がないことを、ご理解ください。

順番とり予約

専用電話予約
18606-4560-3370
WEB予約
PCからはこちら
QRコードでアクセス
ご注意
WEB/専用電話による順番取り受付は診療開始2時間前から登録可能です。
診療終了20分前にWEB/専用電話による受付を停止します。
  • スタッフ募集
  • よくあるご質問